So-net無料ブログ作成

仮面ライダー剣の最終回が配信そこで見つけたあの作品との共通点 [仮面ライダー剣]

どうも、takapitoroです

今日は、youtubeの、東映公式チャンネルで
去年の11月から毎週2話ずつ配信されていた
「仮面ライダー剣」の最終回が配信され、
視聴しました

実は今から10年前、私が小4のころ
すでにこの作品のラストについては知っていましたが
当時の自分はバトルを見るのが好きで
内容なんて二の次で、ただかっこいいデザインのライダーやアンデットが
戦っているのを見られればそれでよかったんです
滑舌ネタとして定着しているオンドゥル語もネットの世界に触れてはじめて知ったことでした
(当時はまったく気にもしないで見てました)

印象としては衝撃的でしたね
剣崎自らジョーカー、アンデットになることで2体のアンデットがいることになり
バトルファイトを続行し、始は天音やみんなの生活に戻ることができました
しかしそれには剣崎が始や仲間と永遠に離れ離れにならなければならないという代償がありました

剣崎が最後に言い残した「俺は運命と戦う。そして勝ってみせる」という台詞と
剣崎の幻?をみて笑顔で真っ直ぐに歩んでいく始を見ると
どんなに悲しい結末に見えても、戦い続ける力というか・・・勇気を感じますね
そこにもヒーローの面影があるというか・・・
これからも孤独に戦い続けるというかなり強いメッセージを与えてくれたと思います

話は変わりますが、こうしてみると
最近話題になっている「魔法少女まどかマギカ 叛逆の物語」の結末にも通ずるものがあるように思えます
ほむらは女神まどかの円環システムを使い悪魔となり、以前のキュウべえの魔の手にあった?世界よりは
ずっとましな世界に改変されました
しかし、一番の望みであったまどかとは分かり合えない?みたいな展開、
そしてほむらは
「そう・・・なら私たちはいずれ敵対するかもしれないわね・・・
でも構わない、私はあなたが幸せになれる世界を望むから」
という台詞を残しました
OPのルミナスの「間違ってても信じた道は新しい景色を照らすだろう」
という歌詞のように
これからも悪魔ほむらはまどかが女神まどかに覚醒しそうになるのを封じ込めたり
いろいろ暗躍?していくんだろうけど
決して分かり合えないかもしれないけど愛する人のために
戦っていくという
超個人的にかもだけど
「仮面ライダー剣」
と通ずる部分を書き出してみました。


スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。