So-net無料ブログ作成

ラブライブ!の曲の歌詞から見るμ'sの成長とある存在 [ラブライブ!]

今回はラブライブの歌詞にある、ある存在について
個人的にかなり深い意味を感じたので書いていきます

ファンの皆さんならご存知の通り


START:DASH!!
「産毛の小鳥たちもいつか空に羽ばたく」

Angelic Angel
「翼をただの飾りにはしない」
「心の羽ばたきは止まらない」

僕たちはひとつの光
「小鳥の翼がついに大きくなって」


といったように
一見応援歌、ラブソング、旅立ちの歌のように見えて実はその中には
歌っている今のμ'sが置かれている状況とともに
μ'sの成長を比喩した鳥にまつわる一連の歌詞が書かれています


そしてこれらを踏まえて考えるとテレビアニメシリーズの曲にはまだ
歌詞に「鳥の成長記録」が隠されているのではないかと思い深読みしてみました

以下の主な構成は
曲タイトル
歌詞の一部
μ'sの置かれている状況
鳥に置き換えた状況

となっています





僕らは今の中で
「僕らは今の中で輝きを待ってた」

μ'sがラブライブ!優勝(夢)を目指している

雛鳥が卵の内側から外側の世界(光あふれる世界)へ孵化する日を待っている



KiRa-KiRA Sensation!
「光の中で歌うんだ SENSATION!」
「奇跡それは今さここなんだ」

μ'sがラブライブ!決勝戦で歌い、そして優勝する(夢がかなう)

雛鳥が孵化し、光あふれる(夢に見た)世界でさえずっている


上記のAngelic Angel

(鳥の)成長を止めることはできない





映画本編での
帰国後、世間で爆発的な人気が出てしまった、
そんなときにμ'sを終わらせることを戸惑うほど世間の広さに圧倒された、
ここでいう鳥は

空を飛べるくらい成長したものの
飛翔しようとするがあまりの空の広さに怖気付く鳥

だったわけです


世間が望んでいるのは
僕らのLIVE 君とのLIFEにある
「確かな今よりも新しい夢捕まえたい」
にあるような明日を追いかけるμ's

しかし今の成長した当μ'sのメンバーたちにあるのは
Angelic Angelにある
「明日じゃない大事な時は今なんだと気が付いて」
という今を望むμ's

そしてμ'sは今までの
「μ's」(スクールアイドル)として活躍してきた在り方にこだわりたいため
「今」(終わらせること)を選んだ





SUNNY DAY SONG
「受け止めてあげるここで
最初は少しためらっても
受け止める場所があるって」
「自分から手を伸ばしたらもっと面白くなるよ」
「どんなことも乗り越えられる」

μ'sを終わらせることを受け入れてくれる場所がある


鳥が空を飛ぶために必要な揚力、空気の流れとかの
必要な条件はすでにそろっている(科学的根拠)

自分から飛んでみたら面白いぞ!



僕たちはひとつの光
「小鳥の翼が大きくなって旅立ちの日だよ」
「光を追いかけてきたんだよ」


巣立ち



μ's(鳥)は世間の人気(空の広さ)という最後の壁(殻)を破り
終わりにした(空へ巣立っていった)のでした

Kousaka.Honoka.600.1927964.jpg



もしこれらの歌詞が想定されたものであるならば
やはり
畑亜貴 IS GOD
と言うほかないだろう
というか考察する以前から神なんですけどねw

それでは




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。