So-net無料ブログ作成

(雑記)ラブライブファイナルライブ2日目に行ってきた [ラブライブ!]

ラブライブ!μ's Final LoveLive!〜μ'sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪〜
の2日目に行ってきました

感想は下記に書きましたがへたくそで見れたもんじゃないw(いつものこと)

簡潔に言うと「最高だった」
小さかったけどμ'sを生で見れてよかった
最後まで見続けることができてよかった
μ'sの最後を見届けることができてよかった
会場と一体になれてよかった
そうだなそうだな・・・語り切れないw


以下へたな感想文


車で空港まで乗せていってもらい
東京へ向かう飛行機に乗ろうとするが
機材の不調で遅れることがアナウンスされ
不安なる
そしてそのお詫びにそのターミナル限定で
その日限り使えるお食事券(一人千円分)が支給された
その日限定でしか使えなかったから飛行機が到着するまで早く使わないといけなかった
結果的に一時間遅れで飛行機が出発

到着しホテルに行き荷物を預け
後は順調に電車を乗り継いで
15時半ごろ東京ドーム前に到着
水道橋駅前にはラブライバーと思わしき移動する大勢の人や
連番チケットを譲ってほしいというボードを掲げた人が横並びにいた
海外から来たという人もいた

ネットでしか見たことがなかった
光景が広がっていて
すごかった

自分はアリーナU1ブロックだったのでこの辺になりました

kokorahenアリーナ座席.jpg

前の記事で有力だと思っていた予想図は前列は
おおむね当たっていたわけですが
後列の左端になりました

Uブロックにはドームの11ゲートから入ることになっていた
4列で大勢の人が並んでいた
階段下にスタッフがなんか確認取ってる
自分の番
身分証とかの確認はなかった(こんな大勢だから仕方ないのか)
チケット確認半券をちぎられ
持ち物検査
カメラは持ってないかを聞かれる
入場OK
新情報とかが書いてあるビニールに入った冊子の束を受け取る
ドーム内につながる回転扉に一人ずつ入っていく
大勢の行き交う人たち
道中には声優さんたちへのファンレターなどの贈り物を入れる
プレゼントボックス9箱が横に置かれていた
ちらっと見ただけでよくわからなかったが
劇場でもらえる色紙がそのまま入れてあったような・・・あれは大丈夫なのか・・・

会場付近でまた荷物チェック、カメラは持ってないか
そして会場へ
そこには
会場で流れるライブ前に流れる
ラブライブインストに合わせて
コールしたりサイリウムの色を変えたり
移動したりのたくさんの人、人、人・・・
画面越しからしか見たことがない大勢の人が
アリの巣を壊した時のような感じでうごめいていた

アリーナブロック案内図を見ているとスタッフが案内してくださった

設置されているパイプ椅子の後ろをチェックし
自分が座るナンバーと同じ椅子に座った
周りの人はサイリウムの色の順番とかを話していた

1,2階席を見ると
会場に流れるインストが「Music S.T.A.R.T!!」に変わると
多くの観客が明らかにサイリウムを
センターである真姫のイメージカラー赤に変えているのがわかった

私もとりあえずサイリウムをスタンバイすることに

インストが「Super LOVE=Super LIVE!」に変わると
メンバーの一人一人によるソロパートの部分で
そのメンバーに合わせて瞬時に色を変えるというスゴ技をやってのける
人たちがいるのが分かった
それにお見事!と応えるかのように上がる歓声
そこまでできねえよw

そしてインストが「Snow halation」に変わると
一気に白に!
まさか・・・ライブ前にあれを体験してしまうのか!?
自分もサイリウム白でスタンバイ
ところが1番でインストは終わってしまうのだった


しかしそれはライブが始まるという合図!
開幕アニメとともに上がる歓声


ライブの詳細は
こちらのレポートをどうぞ

http://gs.dengeki.com/news/67441/


Ce7E0zZUYAAFzIq.png
開幕アニメで登場した子供アルパカ

自分がいる位置からは
前ブロックの人の頭でμ’sの生の姿が見えたり見えなかったりで
ほぼモニター頼みだった


目の前に、何とか見える位置だけど、
ちっこいけどあのμ’sが踊っているんだ・・・
いろんな媒体でしか見たことがなかったμ’s9人を
実際に見ることができたなんて
ラブライブを初めて知った頃からは想像もつかなかったなあ

MCでメンバーの色に合わせてサイリウムの色を変えたり
うっちーやえみつんが失敗しても歓声を送って励ましたり
見えづらくてみもりんのラブアローシュートを早めに「う”っ」と受けてしまったり
ゴンドラでメンバーが近づいて来たらサイリウムを激しく振って声援を送ったり
ちょっと早いんじゃないの?と思ったけどアンコールをしたり
それからのスタダに感動したり
スノハレで色変えをミスったり
時々応援してる最中に体やサイリウムを当ててしまった隣の方、本当にごめんなさい


夢のような時間は過ぎていきました

今回のライブのMCはいつもより短かったですね
それは今回披露する曲が非常に多く
時間の都合上仕方なかったのもありますが


「答えなくていいんだわかるんだ」
「言葉にしなくてもわかる」
「きっとみんな同じ気持ち」
といった歌詞や劇中の台詞
が反映されているんだと思います

「MOMENT RING」のパフォーマンス
「すべてが繋がって」の部分を聴くと
今までの
ラブライブの
出会うきっかけだったニコ生一挙放送時のことや
衝撃を受けて感動したり
グッズを見て回ったり
前売り券を買うために並んだり
ストーリーのいいところや悪いところを考えたり
曲を集めて聴きまくったり
歌詞の意味を考えたり
スクフェスのフルコン目指すために奮闘したり
無課金2度目の11連でURエリチを引いて喜んだり
キャラの気持ちを考えたり・・・

いろんな思い出が頭の中をお駆け巡って
繋がっていき「出会えてよかったなぁ」と思い少し泣いた

Wアンコール
休憩の合間に流れていたドキュメントPVが終わると
いつも真ん中のモニターがある部分から巨大な花のセットが・・・
そうあれは僕光のセット
私が見える位置からは
少々それを支える骨組みがごつくて目立ってしまったり
1、2階席のほうが圧倒的に見やすいだろうなと思えるほど
いまいち実際に踊っている様子が見えなかったのが残念でした


「「今が最高!」」
会場全体が一体となって声援を送る
「後悔なんてないさ」の代わりにも聴こえるこのフレーズは
彼女たちの決意の強さの表れと
μ’sが終わってしまうことの切なさが
同時に心に重くのしかかってくる

本当は終わってほしくない
でも彼女たちは
限られた時間の中で輝くスクールアイドル「μ’s」を
涙ながらに笑顔で最後までやり遂げたのであった


Wアンコール後も会場の熱気は冷めず
μ’s連呼の歓声がありそれは終了アナウンスが流れるまで続きました
そしてスタッフの誘導でブロックグループごとに会場を去っていった

外は雨が降っていて何とも言えなかった

ありがとう
μ’s
またいつか会えることを信じて・・・







今回のライブでは
いつもはある最新情報が発表されませんでした
しかしおそらく
入場時に手渡された冊子がすべてなのだと思います

それがこちら
2016-04-04-230417.jpg

それはμ’sメンバー各個人(と所属するユニット)の今後のライブやリリース情報が書かれているもの
ラブライブとは直接関係ないものを手渡すのはコンセプトとして見れば考えにくいですよね

つまりメンバー各々のこれからの活動の飛躍に期待する・・・
ということではないでしょうか


ここまでラブライブ!が大きくなれたのは
今までアニメ界で出し惜しまれていた
「声優のメディアへの露出」を前面に出し
アニメとシンクロしたライブという
無謀な夢へと立ち向かう様々な人たちの協力と努力と
メンバー同士の仲の良さが
多くの人へ伝わった結果であったに違いない

何が成功するかわからない業界ですが
誰かが努力していることが直に伝わり
感情移入というか、
一緒に目的達成のために奮闘したくなるというか、
応援したくなるようなコンテンツが
大きな成功を生み出すのかなと思いました

以上ゆとりの意見でした

今度はどんなものにはまるんだろうなあ

それでは




スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。