So-net無料ブログ作成

ラブライブ!サンシャイン!!第二話感想 ミュージカルパートは増やすべきだと思う [ラブライブ!]

ということで
ラブライブ!サンシャイン!!第二話「転校生をつかまえろ!」
の個人的まとめと感想です

千歌は梨子へ再度
スクールアイドルのための作曲をお願いし続けていたが断られ続けていた

部員は集まらないものの
千歌と曜はスクールアイドルの練習を続けていた

曜は衣装を担当するらしい

スクールアイドル部は未だにダイヤ会長に認められない
そんな会長に千歌がその魅力を語るが
彼女がμ'sを「ミューズ」ではなく「ユース」と呼んでいた事に気づき
間違いに対し怒る

彼女はμ'sに対し
チャラチャラしたものが嫌いといううわさがある割には
何かしら尊敬の念を持っているようだ

彼女は千歌が軽い気持ちで
スクールアイドルをやろうとしているのではないかと疑い、
μ'sにまつわるクイズを出題する

なかなかにマニアックなクイズを出す彼女に惨敗すると同時に、
にわかをさらけ出す千歌、
なぜか詳しい会長は話のノリで
μ'sのファンであることがばれてしまうのであった




しかし大人の事情からか
数ある大会優勝グループの中でμ'sとARISEの話しか出てこなかった
こういうことを思うのは私だけだと思うが
適当でもいいから他のグループ名を軽く出してもいいと思うんだよね
こうもμ'sに周りが固執しているのを見ると
世界観が狭いというか正直不気味に見えるんですよね
μ'sにあこがれてるのはわかりますが
スクールアイドルはμ'sがすべてではないはずなので
そこら辺の描写は必要だと思います


そういえば
この時間軸かつ現行で活躍しているはずの
音ノ木坂学院のアイドル部の話が出てこないですよね・・・
まさか廃部になったのか!?
だから梨子もスクールアイドルを知らないのか!?
ということは亜里沙、雪歩も卒業しているのか?
謎は深まるばかりw




帰りのバス中
千歌、曜、ルビィ、花丸の
1,2年生組同士で
ルビィがダイヤの妹で
入りずらい状態であることや
花丸が図書委員でアイドル部に入れないことや
花丸が
中二病により高校デビューに失敗し早退した善子にノートを届ける
などの情報交換、交流があった

ルビィがスクールアイドルを嫌う姉に何かを思うような描写があった
それを心配する?花丸

バスから降りる千歌
1話であった海の場所に梨子がいる
ピアノのイメージのための
海の音はまだ聞こえていないらしい


そこで千歌が彼女を日曜に
聞こえるかもしれないという何かに誘う

もし聞こえたらスクールアイドル部に加入させられるのではないかと勘ぐる梨子だが
千歌はそれよりも
歌を聞かせスクールアイドルのことを知ってもらいたいのだった
この辺よくわからないw

梨子は昔からピアノが好きだが
最近上達もやるきもでず、環境を変えて
海の音を聞いたら何か変わると思ったことを彼女に伝える

千歌はそれに対し鼓舞する

スクールアイドルに対する気持ちは変わってもらえなかったものの
それとは関係なしに
千歌は彼女に海の声を聴かせるためダイビングに誘うのであった




ダイビングショップの手伝いをする3年の果南の縁で?
2年生組の3人はダイビングをする

空模様が曇って海中が暗い、
そんな時にに太陽の光が差し
それによって海のイメージをつかんで
2年生組の3人が仲良くなって終わりという
なんか描写が適当な感じが否めなかった

そんなこんなで
後日梨子は手伝ってくれることに
しかしそれはあくまでも作曲の話で
彼女は2人に「詩」を要求する

ここで謎ミュージカル調の会話が入るのだが
それよりも海が舞台でもあるわけだし
「詩を」を「塩」と聞き間違えるギャグのほうが良かったと思う

3人は千歌の実家の旅館で詩を考えることに
梨子は様々な邪魔に遭遇するも何事にも動じず、
まっすぐだが
犬は苦手なようだった

スノハレみたいな恋愛曲の詩を考えることに悪戦苦闘するが
そのさなかにμ'sが好きという気持ちを
詩にしてみてはどうかというアドバイスを受け
千歌は書き連ねる
そんな夢中アイデアを書く千歌の姿を見て
梨子は自分が幼少のころピアノに夢中になっていた自分の姿を重ねるのであった

千歌が書いたのはあくまでも参考の「ユメノトビラ」の歌詞
彼女はその曲を聴いてμ'sみたいになりたいと思ったのだという
彼女の大好きという気持ちが伝わったのだった

その夜
梨子は動画サイトで「ユメノトビラ」を視聴しながら
千歌の話したスクールアイドルの魅力を気にしていた

ピアノへの情熱を閉ざしていた彼女が
再びピアノを弾きながら
「ユメノトビラ」を口ずさむ

そんな時、窓越しにそれを聞く千歌の姿が!

梨子の引っ越した場所が千歌が住む旅館の隣(後ろ?)だった

何をやっても楽しくない、変われないという気持ちを打ち明ける梨子
(変わるきっかけとして)スクールアイドルの話を持ち掛ける千歌

最終的に人を笑顔にするのがスクールアイドルという
自分が変わるきっかけになるかもしれない素敵な可能性に手を伸ばし
千歌と気持ちを一つにするのであった



ここで違和感ありありだった
手を伸ばしあうシーンですが

親しい友人が隣に引っ越したり団地の隣に引っ越したらすぐ遊びに行けていいのになあ
みたいな妄想はしたことがあって
こういうことがしたいのはわからんでもないですw

まあ表現したかったのは
千歌と梨子の心と心が繋がった的な事だと思いますが
せっかくならここでBD特典曲を入れるだとか、
ミュージカルパートを挿入するべきだったと思います

というかここで1話の「決めたよHand in Hand」ミュージカルをやれる話の流れを作るべきというか、
「Aチャンネル」じゃないですけど
毎回話の中にキャラソンパート的なパートを挿入してもいいと思うんですよね

というか前作に比べてインパクトが薄い

前作の作風を大事にするのもありですが
サンシャインならサンシャインなりの持ち味を生かして
多少はイメージを壊すような
「そういう発想もありだな」みたいな
こういった違和感のあるシーンは
「あっこのアニメはミュージカルアニメなんだ」ってな感じの演出を
増やしたらいいんじゃないかなと思うんですよね

いまさら何を言っても遅いわけですがw

次はついにライブするんでしょうかね

それでは






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。